鳩山由紀夫 前総理 講演会

久しぶりに活動がありましたので、ご紹介します^^

以前書きました弁論大会受賞者の首相訪問の際、
当時首相だった「鳩山由紀夫」氏が根室にいらっしゃり、講演をしていただきました。
お会いするのも表敬訪問以来のことで、とても楽しみにして会場「ニホロ」へ。

久しぶりに直接お目にかかった鳩山氏。少しすがすがしい表情でした。
講演内容は、鳩山氏の「メドベージェフ」ロシア大統領との会談のことが中心。
以前お会いした時とは違う印象を受け、「本当に鳩山さんなのか・・・」と思うほど。
言ってしまっては申し訳なく思いますが、首相を辞任したことで重みがなくなり、
(活動など)とても動きやすくなったことが言えると思います。

※あくまでも、個人の見解ですのでご注意願います。

講演後の質疑応答では、元島民の方などの熱い想いも鳩山氏に届けられ、
丁寧な回答をいただき、より一層の信頼感を抱きました。
また、僕の「高校生として、何ができて、どうしたら解決できるか」
という質問に対しても、
「元島民の方々などとの交流のほか、(ロシア人と)若い世代同士の交流が大切」
との回答をいただきました。


~質疑応答より~※<元>・・・元島民の方より <鳩>・・・鳩山氏

・平均年齢は78歳になりつつある<元>
・政府は、ロシアに対して甘い考え<元>
・ロシアは入漁料の引き上げをするかもしれない<元>
・日ロ間の信頼が大切<鳩>
・領土問題が解決していないことについて、とても申し訳ない<鳩>
・一番やりたかった仕事は、北方領土返還<鳩>
・未だあきらめてはいない!<鳩>
・政治と経済は車の両輪であり、ロシアへの経済を切れば、領土問題は振り出し。<鳩>
・(日本企業の北方領土へビザ取得での渡航について)政府に策を求めていきたい。<鳩>


1時間という短い時間での講演会でしたが、それ以上のものになったと思います。
僕も領土返還に関わる者として、根室市民として、国民として、元島民三世として、
鳩山氏を応援していきたいと思います。
これからの鳩山氏の活動に期待と返還実現を祈念いたします。

~告知!!~
2月6日より、北方領土の日に関わって大阪へ旅立ちます。
次の記事作成は、2月9日以降を予定しておりますので悪しからず。

~最後に~
今回もご一読、ありがとうございました。領土問題も65年を経過。
このブログ、そして、北方領土関連の機関がなくなる日、つまり、返還実現の日が来るまで
日本国民として、足並みそろえて前進したいです。

See you next time !!



Makky

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック