-Column- 別れ


皆さんも「別れ」は経験あるでしょう。
別れというのはとても悲しく、そして誰にでも起こりうる出来事です。

本日、僕の学校では、終業式が行われました。
終業式の後、本年度の「離任式」も行われました。

では、なぜ今日このブログにこのことを書いたか。
「北方領土と全く関係ないじゃないか!」と思われる方も多々いらっしゃると思います。

実は、僕が高校へ進学した時からお世話になっていて、
なおかつ、北方領土研究会の顧問の先生だった「M.K先生」が離任ということになりました。
さらに、以前、首相表敬で一緒に行った「Y.M校長先生」も合わせて離任となり、
この記事を書く今も悲しみでいっぱいです。

K先生には、本当にお世話になりました。
今まで、出前講座などの準備の時や、大会・遠征の引率、
北方領土関連のみならず、いろんなアドバイスをいただきました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
K先生を含め顧問の先生のおかげで北方領土研究会はここまで成長しました。
弁論でも2年連続受賞。
今年の高文連も一緒に行くとばかり思ってました。
様々な思い出が、あふれてきます。
K先生。
本当にありがとうございました。
遠い枝幸で頑張ってください!僕ら研究会も頑張ります。
どうかお体に気をつけて。そしていつかまた、笑顔で会いましょう。
まだ言いたいことはたくさんあります。
もし、この記事をご覧になりましたら、ご一報いただければと思います。

また、今回、西高を去る先生方。
本当にお世話になりました。ありがとうございました!

K先生、その他9名の離任される先生、
これからも、根西高のこと・僕ら西高生のことを忘れないでください!
それでは、また会えることを心から願います。それまでは、さようなら!!
どうかお元気で!!



Makky

この記事へのコメント

yuki3d:by:nemuroJC
2011年03月28日 16:29
先生には私たちも本当にお世話になりました。
転任先でも北方領土学習の指導者として活躍していただきたいです♪

…というか、何気に調べ物してたらブログ発見w

この記事へのトラックバック