心から感謝!

6月17日、僕は東京へ飛びました。

その日の夕方、首相官邸にて
「第15回北方領土問題返還要求運動推進功労者等表彰式」に出席させていただきました。
なぜ参加させていただいたかというと、
根西高の北方領土研究会が、なんと!表彰されたんです!!
この話を聞いたのは3月の初め頃。
初め聞いたときは驚きました。
「まさか、表彰されるなんて・・・。」
活動しているときは、表彰なんて、それよりもこの賞があるなんて知りませんでした。

しかし、同月に起きた未曾有の事態。これによって中止かと思っていました。
(少し言い方が悪いかもしれません。お気を悪くされた方、申し訳ありません。)

そして、約3カ月ほどたった6月17日に表彰式を迎え、感激でした。
ご公務で忙しい中、表彰してくださった枝野幸男官房長官(沖縄北方担当相)との
熱い握手を交わしたのを今でも鮮明に記憶しています。
表彰は部活ですが、まるで自分が表彰されたかのように思います。
枝野官房長官は、「今後も頑張ってください」といった内容の激励をいただきました。
この言葉は、私たちにとって大きな励みになることと思います。


================================

さて、話は変わり、
先日6月20日、ロシア側ビザなし交流団との夕食交流会が
根室市商工会館にて行われ、僕も参加しました。
今回の訪問団は、家族がほとんどで、小学生くらいの男の子や女の子も見受けられました。
メニューは巻き寿司などの日本食を初め、スパゲティなどの洋食や、
子供向けに綿あめなどのミニ縁日もありました。
実際、綿あめは子供たちに人気でしたが、食べるより作るほうが楽しかったようです。
しかし、残念ながら緊張であまり会話(いろんな方と)ができず、ちょっと後悔。
交流会終了後、訪問団を乗せたバスが出発してから
「もう少し会話すればよかった!!!」
という思いがあふれていました。
そして今日21日の午後3時、島へ向け出発されたようです。
この交流会を通して、
「外国の人と交流を深めることは、とても有意義なことである」
と改めて思った僕です。
交流会のとき、
友達(根西高領土研所属)との会話で
「英語が通じれば・・・」という言葉を聞いていた通訳さんが、
「英語は、日本訛り(なまり)の発音だと、通じない」とおっしゃっていました。
世界共通語である英語でもそんな落とし穴が・・・
独学で学んでいたロシア語も役には立たず・・・。
(とはいえ、基本中の基本のアルファベットや単語しか読めませんが・・・。)



というわけで、私的な都合上、2つ同時にご紹介させていただきました。
若干ゴチャゴチャしてしまいましたが、ご了承願います。
表彰式の様子につきましては、内閣府のページに数枚、掲載されています。
表彰式のタイトル(第15回...)を検索していただくと、ページが出てくるかと思います。
ー予告ー
次回は、あす(6月22日)に、今回表彰されたことについて報告に行ってきます。
確か、教育局長さんだったか、振興局長さんです。

コメント他、お待ちしております。




Makky

この記事へのコメント

まさみ
2011年06月23日 14:03
牧野、お疲れ!!
表彰されたとかすごいっしょ!!
元部長としてすごく嬉しいです。
卒業までの半年、頑張ってくださいね!!
遠くから、応援しています。

この記事へのトラックバック