8月7日 根室市に中学生の訪問


ねむろ金刀比羅神社例大祭の関係により、
約1週間過ぎましたが、

今月の7日、富山県・和歌山県から中学生と
根室市内中学生の交流会にアドバイザーとして参加させていただきました。

富山・和歌山・根室のどの中学生も、
初めはちょっと緊張していた様子。
会場は「ニ・ホ・ロ」の「交流ホール」。

交流会が始まってすぐ、昼食会。
根室のコンビニ「タイエー」が特別に作った「四島(しま)おにぎり」と、
根室の特産「花咲ガニ」の鉄砲汁が出ました。

とてもおいしかったんですが、残念ながら、
僕はちょっと食欲がなくて、大半を残す始末。
タイエーさん、鉄砲汁を作ってくれた皆さん、申し訳ありませんでした。

そんな中、中学生たちはちょっとずつですが、打ち解けてきたみたいで、
チラチラ会話が見うけられました。

昼食タイムが終わり、館内見学の時間に。
ニ・ホ・ロの職員の方の説明を、みんな熱心に聞いていました^^

画像


さて、館内見学が終わった後は、
恒例の「四島ビンゴ」の時間。
5×5の白紙のビンゴマスに、別紙に書かれたキーワードから
好きな言葉をチョイスして、25マスを埋めます。
埋めたら、それを隣の人(今回は、7人1グループで、右隣の人へ)に渡します。

後は、普通のビンゴゲームと同じ。
読み上げられた言葉をチェックしていき、タテ・ヨコ・ナナメのどれか埋まればビンゴ!!

結局僕はビンゴできなかったので、賞品が何かは不明です^^;

ビンゴが終わり、今回のメインプログラムである
「北方領土(問題)は、どうしたら(どんな方法で)知ってもらえるか」
というテーマのもと、A~Dの4グループで模造紙1枚のレポートを作ります。
そして、そのことについて、会場にいるみんなの前で発表します。

今回僕はCグループ。
Cグループでは、TVメディアを使って広報する案の様子。
僕はアドバイザーなんで、そんなに手出しはできません。
しかし、中学生だけでも、しっかり意見交換をして、案を出して
模造紙にまとめました。

これがその様子です。
画像


画像



完成したら、いよいよ発表。
これがその様子です。
(発表順は、D~Aですが、逆にします。)

Aグループ
画像


Bグループ
画像


Cグループ
画像


Dグループ
画像



発表中は、みんな真剣に他グループの意見を聞いていました。
画像



今回、北方領土に一番近い街・根室を訪問して、
富山県・和歌山県の中学生は、何を感じられたのでしょうか。
今後彼らが、これをキッカケに北方領土返還運動に参加してくれたら幸いですね。

みなさん、お疲れさまでした ^^



Makky

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック